健康サポートにはやわたのグルコサミン|健康体を作るための栄養素

活動的な毎日のために

膝を押さえる人

ベニズワイガニだけを使う

年齢とともに体内の軟骨がすり減って、しまいには擦り切れてつぶれてしまいます。これを変形関節症と言い、この治療のために使われるのがグルコサミンです。食物に含まれる量が少ないため通常の食事で摂取することが難しく、サプリメントで摂ることはとても有効です。グルコサミンはすり減った軟骨を元に戻し、軟骨が分解することを防ぎます。やわたのグルコサミンは原料に国産のベニズワイガニだけを使っています。やわたは原料にこだわり、鳥取県で水揚げされた、新鮮なベニズワイガニの腹と足の柔らかい部分だけを使っています。このため1kgのカニから10gしか抽出できませんが、きわめて良質な原料を使うことができているのです。

相乗効果も狙う

グルコサミンはコンドロイチンという成分と一緒に摂取するとその相乗効果が期待できます。グルコサミンが軟骨を再生する際にコンドロイチンがそれをサポートし、コンドロイチンが不足するとグルコサミンがコンドロイチンを生成してくれるのです。1日の摂取量の目安はグルコサミン1500mg、コンドロイチン1200mgで、やわたのグルコサミンを飲めば十分な量を摂ることができます。またヒアルロン酸も含まれているので美容に関する保湿性についても期待できます。ただし、コンドロイチンは乳糖であるため乳製品に弱い方は上手く消化できずに体外に排出されてしまうことを注意してください。加齢による関節痛は高齢者共通の悩みです。いつまでも元気に過ごすためにやわたのグルコサミンをうまく活用しましょう。